左利きの主張。

レ(0)フ(2)ト(10)の語呂合わせで、
今日は日本の「左利きの日」のようです。

だからといってはなんですが・・・
今日は主張させていただきましょう。

どっぷり左利きの私は、
右利きの方が右手ですることを、左手ですると、
不器用そう。食べづらそう。書きづらそう。あぶなっかしい。
などと、よく言われます。

これを否定・嫌悪する気は毛頭ございません。
私も左利きの方を見かけると、食べづらそう。とか思いますし。

でもですね、(ようやく主張)
お豆は、上手に食べられるんですよー。

omame ほらほら。

いつの間にやら
主張のつもりが、弁明っぽくなってしまいました。

はさみ。

左利き用のはさみを買いました。

どんなに切りやすいものかと
わくわくしながら試してみたのですが
これがまた、なんだかとっても切りづらい。

切れ味はいいのに
まっすぐ切れないというか。
思ったとおりにすすまない。

使い方あっているのか。
自分がほんとに左利きなのか。
はさみを持つ手を、これって左手だよねぇ。と、疑うくらい。

逆に、疑われているような気もしました。
あなたほんとに左利きですか。って。

長年にわたって左利き。
使いこなせないわけないのに。おかしいなぁ。

右利き気分。

長年左利きです。
そんな私も鏡に映れば右利きそのものです。

kagami ほら。こんなん。(絶妙に微妙ですいません。)
(↑mixiの一員記念。も兼ねる。fumi_oさん。ありがとうございます。)

右利きのひとの生活を目にすることが多いので
自分の動作がほかのひとにどう見えているのか、実感がありません。
そこであえて右手で作業している自分を鏡に映すと
こんなふうに見えているのかとわかります。

そして私、右と左。に弱いです。
次左。って道順を指示されても平気で右へ進もうとしたり。
向かいの相手のお箸。どっち向きに置くべきかいつも悩みますし。
両面から使えるノートはどっちから使おうか迷います。
↑に載せた私。
カメラを左手で持ってて。鏡にうつっているのは右手で持っている風。
それをカメラで撮って。やっぱり右手で持ってるように見える。
なんて考えてると頭の中がごっちゃごちゃです。

ヘッドフォンのleftとrightとか。LとRの表示でもどっちだっけ?と迷います。
たとえば「修」という漢字のちょん・ちょん・ちょん。「寒」のいう漢字のちょん・ちょん。
どっち向きかと。ためらいます。
「ちょん・ちょん」はコッチ。と思うようにしています。
施設。は設施。書き間違えそうになります。(コレ違う?)

こんなことってないでしょうか?

だいぶ話がそれました。
右利きのみなさんもぜひ鏡にて左利き生活。楽しんでみてはいかがでしょうか。

うまれつき左利き。

たぶんうまれながらの左利きです。
右利きと呼ばれる人が右手でこなすだいたいのことを
今でも左手でこなしています。
(まわりくどいです。)
幸い兄(上)も左利きということで
「右で。」といわれることが少なかったからかもしれません。

義姉から 左利きの人はふたごだった可能性が高い。
というような話を聞きました。
義姉も聞いた話とのことなのであいまいですが。
ひとりで産まれてきた私。
右利きのkyo-ko候補もいたのかもしれません。
ちょっと複雑です。

それはさておき。
私は左手の方が器用に使えるから左利きなのだろうと思っています。
でも器用にこなさなくてもいいことなら右手でもできてしまうんです。
当然でしょうか?

お札の数え方。
指摘されて気が付いたのですが
右利きのコと同じでした。

傘さしながらの自転車。
ハンドルは右手でもたないとダメです。
これって傘は左手でもたないとダメってことですかね?
あと、自転車のるときどちら側から乗りますか?
私は左からのみです。
みなさんどっちなのでしょうか?

ニンテンドーDSは左利きも対応なのだそうです。
たしかに右利きの人にしか楽しめないゲームだったらちょっとさみしいです。
けれどさみしいということよりも
左利きに対応してくれているということうれしく思いました。

レフティやすおのお茶でっせさまより

英語の先生。

英語の先生。
ちょっと思い出したらとてもなつかしくなりました。

1年間髪を切らない先生。
(=年に1度だけバッサリ髪を切る先生。)
ギターで歌い、そして生徒にも一緒に歌うように強要する先生。
当時いち早く職員室にパソコンを持ち込んでいた先生。
冬になると決まってスウェードのジャケットを着ていた先生。
「世良公則」氏にそっくりな先生。
記憶の上では、バンダナを多用していたかとさえ思えます。
たぶん錯覚です。
当時は気が付かなかったけど、そうとうカッコイイ。
いい生き方してました。うらやましい。
今でもかわっていないといいなと思います。

こんな先生、各学校に1人や2人はいたんじゃないかと思います。

上手になるのかな。

こうさぎのRabくんが左利きという言葉に妙に執着するので
左利きにまつわるお話をもうひとつ。

昔々、英語の先生に、
「君は左利きだから英語上手になるよ。」
とちょっとささやくように言われました。
なんの根拠があってそんなこと言ったのかわからないけど
とにかく英語は苦手でした。

先生は英語が上手な左利きでした。

今から、これから上手になるのかな。
先生の言う、上手の定義はなんだろう。
ただ好きなだけも入るのかな。
今のところ洋楽は好きだし、イギリスも好きです。
全国の左利きさん、英語は上手ですか?
右利きさん、
あなたのまわりの左利きさんは英語が上手そうですか?
なぜかこのことをいまだに思い出します。

左利きの弱み。

左利きで苦労すること。
私の場合切実ではないけど、小さなことならいくつかあります。
自動改札機
  →右手ではどうも苦手でいつも左手で無理やり投入しています。
スープ用のおたま
  →スープバーとか、サラダバーのドレッシングとか、
    とにかく使いづらいです。
電話
  →親機。左手で受話器を取るとメモが取れない。
    右手に持ち替えて、左手でメモ。受話器は左耳のまま。
    とっても非(不?)合理的。     
    左耳で聞くのが当たり前になってるから
    子機でもケイタイでも同様。
    機械のせいじゃないくて私のせい。

使い勝手がいいと感じることもあります。
冷蔵庫
  →右手で開けて、左手で物を取る。片開きのもの使用中なので。
    なんか、逆だと使いづらい気がします。
ロッカー
  →同上です。
作文
  →手が汚れない。原稿用紙、特に鉛筆で書く場合。
    例のごとく「いいねー」とか言われてました。
    けどとっても昔の話です。今はなんの得にもなってません。
バレーボール
  →大変重宝がられます。

*オマケのいいこと*
歯磨き
  →大好きな人と手をつなぎながら歯を磨けます。
   (相手が右手で歯を磨く人の場合。)
      
まだまだありそうだけど、日々思うのはこんなところです。
思い出せないものはあんまり気にならないってことでしょう。

フォト
2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

リンク