« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

4月分。

4月をイメージして、とっくにかきあげていた桜の絵。
ものすごく目を細めて、みていただけますでしょうか。

Click  ←文字周辺をクリックにて。

目黒川より。(これ以上大きくならないよ)

かいてみる度思うのですが、風景画ってむずかしい。
載せる画像はこのくらいの大きさが最適かと。

しかしこれでは、おもしろくないのでもうひとつ。

2006 ややかわいらしい感じで。

本人は、「脱・シュール」だと思っているんですが。


※追記 ちょっと大きめの目黒川の桜の絵。こちらに載せました。

路線変更。

先日、ココログがバージョンアップされたようで。

なにが変わったのかと、
いろいろのぞいてみたのですが
案の定というべきか、いまいち把握できておりません。

そんな私がのぞいているうちに気になったのは、
使用しているディスクというものの容量が
現在1%にも達していないということであります。

愕然としました。

以前
無料でやっていける限界までほそぼそやっていこう。
って言ったけど、荷が重すぎます。

なので、
楽しめているうちは続けていこう。
という方向に、路線を変更しようと思います。


Youryou

0.50%って・・・。
一体いつになったら容量いっぱいになるのか見当もつかないよー。

よせがき。

卒業のシーズン。
というわけで、私の卒業にまつわるお話を。

かつて、バレー部のかわいい・かわいい後輩たちから
色紙に寄せ書きしたものをいただきました。

とにかく褒めちぎってあってうれしいのですが、

なかでも

 -先輩の鋭いA(クイック)のように、鋭い人生を生きてください-

というこの一文がとても印象的です。

鋭さとは真逆、
鈍い感じの人生を送っていて申し訳ないけど、
できれば私も、こういう言葉を贈れる後輩でありたかったです。

shikishi 脱帽。

ごぶさたしてしまいました。また。
人生だけでなくブログにおいても、鋭く・テンポよくってなかなか難しいですね。

年度末。

日曜と春分の日にはさまれた今日。
あわよくば、仕事休んで、3連休!って思ってたのですが無理でした。

さっき電話で、そうですね。ってかために言うべきところを
ものすごくくだけた感じで、そっか!って言ってしまいました。

昨日、ワールドベースボールクラシックの日本と韓国の試合をみて
福留のホームランに、いたく感動いたしました。


休めなかったり、うっかりしたり、うるうるしたり。

年末よりも忙しいのです。
仕方ないよね。って「年度末」をおおいに悪用しています。

地球儀。

部屋の壁に世界全図をどーんとはりました。

メルカトル図法の。

はがしたときのことを考え、(壁にあとがつくから)
やっぱり地球儀にすればよかったかな。と、思っているところです。

気に入った地球儀がみつかるまでは、

とりあえず

ball これをくるくるまわしておくことにします。

ラブコール。

最近、姪の言動が激しさを増しています。

  きょんちゃんのことがすきなの。
  だからね、いっしょにいたいの。
  ねぇ、だっこして。

って、こちらがたじろいでしまうくらいの熱烈っぷりです。

たぶんすごく楽しかったんだと思います。
この間の紙ねんどあそびが。


ひとに楽しんで、そして喜んでもらうためには、
まずは自分がそれを楽しむことが大事なんだと、おおいに実感いたしました。

つくったものを載せてみました。 → 紙ねんど
あと、落書きも載せておいたので
お時間に余裕がある方のみのぞいてみてください。 → 落書き

春なので。

まだまだ寒い日もありますが、
春なのでジャケットの袖をはずしました。

down はずしてベストはいいけれど、

fur ファーはアリなの?って自問しました。

が、答えはまだ出ておりません。

春なのに。

髪を切りました。

切りすぎたー。と、いつだったかわめいていたので、
今はだいぶのびてるんだろうって思っておられる方が
もしかしたらひとりくらいはいらっしゃるかもしれないのですが、

実はだいぶ短くなっています。当時より。


なかなか思い切れなくて徐々に短くした今、
よーやく念願の黒のタートルネックが似合うような髪型になりました。

春なのに黒のタートル。
秋冬求めて、南半球のどこかへ旅に出るといいのかも。

105円。

頼りにしている先生の診察を受けに行ってきました。

頭も鼻も体形も、なんとなーくまんまるで
めがねをかけてて、ちっちゃくて
愛想笑いはしないけど、物腰がやわらかい
60歳くらいの男性の先生が、私はなんだか好きなので
小さな頃からこの先生に診てもらっています。

その診察を受けている間中、
私は先生の机の上にある
105円の値札がはられた文庫本がひじょーに気になり、
懸命にのぞき込んだら
「ホテル・ニューハンプシャー」という小説だとわかりました。

私を診終えるなり、即その本を手にとり読もうとする様子をみて、
私も「ホテル・ニューハンプシャー」を読んでみたくなりました。

そして、資産や懐具合の差を考え、
105円以内で買わないと!って思いました。

図書館で借りれば、タダですね。
けど、お風呂で読めないのが難点です。

姪姉妹。

姪(1歳)とそのお母さん(義姉)が熱を出しました。

元気はつらつな姪(4歳)の
相手をしなければならないお姉さんを気遣い、
少しのあいだだけ元気な姪の面倒をみることにしたのですが
どーやら私のほうが面倒をみてもらってしまったみたいです。

というのも、姪が晩ご飯を作ってくれたから。


そして、今年のひなまつりらしい話はというと、
姪(1歳)はひな人形が視界にはいると泣くそうです。

熱のせいではなく、ひな人形が苦手なようです。
私も日本人形が苦手だったので、なんとなくわかるような気がします。

一方、4歳の姪はおひなさまをみてうっとりしてました。
真逆の反応ですね。

okashigohan 

姪が私だけのために作った晩ご飯。ひなあられ入り。

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

フォト
2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

リンク