« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

うわのそら。

存在自体忘れられちゃってるかもしれませんが、
うわのそら」いじりました。

改名し、入口の画像を自分で書いたものにしてみたけど、
中身に関してはほとんど変わってません。

でも、考えてはみたんです。
ここで載っけてないものもあわせて、落書きをたくさん載せよう。と。

探してもみたんです。
以前に載っけたものの大きい版の画像とか、
画像ではない原画みたいなもの。とか。

しかしみつからないのです。
捨てちゃったんでしょうね。

もったいないことをしたと、未練がましくなる心に
あんなのただの落書きじゃない!って言い聞かせてます。

覆水は盆に返らないのです。
運良く残ってるもので近々対応しようと思ってます。


そして最近、落書きを載せようとする度に
スキャナがほしいよ。なんて思ってます。
贅沢極まりないですね。
あんなのただの落書き、って言い聞かせたばっかりなのに。

小さなことから大きなことまで、日々葛藤しております。

3月分。

  2月は28日までだしね。
  3月に突入しちゃったら、3日(ひな祭り)なんかすぐに来ちゃうしね。

というわけで3月分として、ひな祭りっぽい落書きを。

2006-3-1 ぼんぼりです。

漢字では「雪洞」と書くようですが
なにかが足りない気がしましたので、

2006-3-2 コードをかきたしてみました。

多少はよくなったようです。

超現実主義。シュールリアリズム。シュール。
ではないけれど、
その代表的偉大な画家「ダリ」の絵は好きです。

今朝のNHK教育「新日曜美術館」が、そのダリについてでした。
見てたらつい、かきたい衝動に駆られてかいてみたのですが、
あまりにもあんまりで途中で断念しました。

kiokunokoshitsu あきらめも肝心です。

不注意。

昨夜、酔っ払いながら
帰り道、コンビニへよって雑誌を買いました。

帰宅後、その雑誌をお風呂に持ち込み
だらだら読んでいたら
すでに同じものを買っていたことに
だいぶ読み進めてからようやく気がつきました。

酔ってなかったら、買わなかったかも。と思いたいのですが、
たいぶ読み進めてから気がついたわけなので
きっと、買っていたと思います。

だけど、酔ってなかったら
コンビニへはよらなかったと思います。

だから結局、
酔ってたから買ってしまったということに。

しておきたいのです。

zasshi だめかな。

不所持。

仕事で東京ビッグサイトという展示場まで行ってきました。

いつもは当方に出入りしている営業さんたちが
一堂に会した会場へ。

毎年恒例ですが
これ、敵地に乗り込むようでなんだか苦手です。

ともあれ、無事帰ってきましたが、
今回の「無事」にはほかの趣意もありまして。

財布・携帯電話・あれやこれ、もって行くべきもの、
すべてが入ったかばんを忘れたわけでありまして。

車を運転する者として必要な、免許証も不携帯。
なかでもいちばん気になったのは
私自身はお金を一切もっていなかったということ。

ひとりではなかったので助かりましたが
高速道路の料金所にきて
ようやくかばんを忘れたことに気がついたので、
もしもひとりだったらどうなってたんだろう。と。

ツケにしておいてくれるんでしょうか。
またはどなたか、かしてくれるんでしょうか。


そんなこんなで「無事」でした。


saifu さいふはだいじだよ。

誤変換。

脳内で、

「こみち」が「みちこ」に変換されました。
「ひまつぶし」は「ひつまぶし」と変換されました。

「けさ」が「さけ」に変換されるようになったら
まずいだろうなーと思います。

さけ→鮭  ですよ。


単なる読み間違えのお話です。

あだな。

旧友たちからは、もっぱらあだ名で呼ばれています。

顔とか身長とか態度とかに似合わない、一見かわいらしいやつ。
だからはずかしくて、ここでは言えないようなやつ。

部活時代、先輩からもそのあだ名で呼ばれてましたし、
後輩だって、そのあだ名+先輩。

私を幾度となく殴り・蹴り、罵声を浴びせ続けた
顧問の先生でさえ、そのあだ名で。

地元バレー界の重鎮も、私のことをそのあだ名で呼びます。

これ、小学生の頃につけられたあだ名ですよ。

いつまでこのあだ名で呼ばれるのかなー。なんて
思ったりするのですが、今でもしっかり呼ばれてます。

きっと、ずっと、この界隈で私は、
このあだ名で呼ばれ続けていくんだろうと思います。


さて、だれがつけたんだろ。このあだ名。

バレンタイン’06。

本日、バレンタインデーですね。
だからどう!こう!っていう話もなく残念なのですが
いちおう触れておきます。

私、チョコレートが大好きなので
この時期、ついつい自分用に買ってしまうわけですが、
誰かにあげるためではないことを
店員さんに見透かされてるようでいたたまれなく、

購入時には、

「自分用なんで、もったいないから包装いりません。」

って思わず自ら、白状したくなっちゃいます。


しかしまぁ、バレンタインデーっていいものですね。

valentine06 おいしいチョコレートもらえたし。

というわけで今日は、
手作りチョコレートを食べた日。 です。

そして、家具が届いてたので
これからぼちぼち組み立てます。

部屋がちょっと片付いた日。 にも、なることでしょう。

ナレの果て。

朝、顔を洗うときは

neckwarmer ←このヘアーバンドを使います。

髪がぬれるのを防ぐために。

用が済んだら首まで下げます。
こうすると、あったかいことに気がついたので。

当初は、しっかりはずしてから家を出ていたのですが、
最近は、慣れ親しみすぎてうっかり首につけたまま家を出る始末です。

今朝は、このままコンビニへも行けました。

neckwarmer2 イメージ。違和感ないでしょ。


慣れってすごいですね。
ある意味、こわいですね。

左利きの主張。

レ(0)フ(2)ト(10)の語呂合わせで、
今日は日本の「左利きの日」のようです。

だからといってはなんですが・・・
今日は主張させていただきましょう。

どっぷり左利きの私は、
右利きの方が右手ですることを、左手ですると、
不器用そう。食べづらそう。書きづらそう。あぶなっかしい。
などと、よく言われます。

これを否定・嫌悪する気は毛頭ございません。
私も左利きの方を見かけると、食べづらそう。とか思いますし。

でもですね、(ようやく主張)
お豆は、上手に食べられるんですよー。

omame ほらほら。

いつの間にやら
主張のつもりが、弁明っぽくなってしまいました。

座右の銘。

座右の銘は?っていう質問に、即座に答える。
という行為に憧れています。
これという答えを持ち合わせていないので。

そんな私の目に留まったのが

明日できることは 今日やるな という座右の銘。

あぁ、すてきだな。と、思いました。

一見、現実から逃避しているようで
実は、明日できるそれよりも、もっと大事なことがあるでしょ。
って示唆しているような気がしたのです。

でもこれ、
場合によっては、怠け者のいいわけになりそうです。
私が言ったらば、確実にそうなります。気がついてよかった。

もうひとつ気がついたのですが、
私の日常生活において
座右の銘は?なんて聞かれることはまずないのです。
ということは、
あせる必要もないので、ゆっくり考えることにします。(明日できること)

今日はここ、更新しました。(もっと大事なこととして)

巻き寿司。

姪を手料理でもてなそうと

makizushi 巻き寿司をつくりました。

節分の日に見かけたけど食べなかった恵方巻きの影響です。

さてクイズ。お察しかもしれませんが。

問題 「上の画像は切る前の巻き寿司です。 
    (わくわくしながら)切ると出てくるのは、だれのお顔でしょうか。」
    ・
    ・
    ・
(ぜひ、素直に考えてみてください。)

kotae  ←クリックでこたえ画像表示。

そう。正解は「朝青龍」でしたー。

アンパンマンが出てくると思いましたよね。
もちろん私もです。切ってみてびっくりでした。

直径約10センチ。(追記:8センチくらいかも)
気をつけないとつくってるうちに、どんどん大きくなるので要注意。

※姪のアンパンマンへの興味は著しく低下しています。
 今回いたく痛感しました。そろそろほかの手段を考えないと。

あざ。

年をとるとね、
知らない間にあざができてることが多くって。
ほら、これ、みて。

と、母からよくあざを見せつけられてます。

根拠はわからないけど
そういうものなんだろうなぁ。って気がしてます。

そして私にもできました。あざ。

aza 知らぬ間に。(わかりづらいけど)

こういうことか。
そういうことなのかー。なんて思ってます。

まぁ、半分くらいはじょーだんです。半分くらいはね。

2月分。

2月の絵は、節分をイメージしてみました。

というのも、
月替わりで絵を。という、うれしいお言葉・ご提案をいただいたので
2月分として、絵を書いてみたのです。

1月分は「迎春」の絵ということで。

2006-2 モノクロ版。

調子に乗って・・・

20062c カラー版。

クリックでいつもよりさらに大きめの画像が、ばばんっ!と出てきます。
壁紙に。(恐縮)ということへの配慮のつもりです。
(ならば、もっと大きくするべきなのかもしれませんね。)

もひとつおまけの配慮で補足。
手は鬼の手のひら。手のひらにある丸っこいのは豆です。

節分及び鬼へ、今現在、私が持っているイメージを
余すとこなく表現できたかと思っています。


鬼さん、明日はいよいよ本番です。

エッセイ。

ある女優さんが書いたエッセイ集を読みました。

  勉強のためにである。
  というのは、うそである。

そう、うそなのですが、
なにを血迷ったのか、私は某所でこのブログを
「エッセイ」という分類に属させてしまい、
そこから来てくれた方は、さぞかしがっかりしていることだろうと
日々負い目を感じておりまして、
それを打破するなにかをこの本から見つけられそうな気がした。
と、思ったことは事実です。

 (一息)

要は、おもしろかったということです。
小林聡美の「凛々乙女」。
古本屋さんで200円。(税込ですと、210円。)

うまい書評、書こうとしたけど無理でした。

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

フォト
2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

リンク