« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

ペットボトルワイン。

ワインをのもうとしたら
コルクが途中で力尽きました。

結局コルクは瓶の中にズズッっと落とし、
中身はペットボトルにドボドボッと入れ替えです。

wine2 (マウスのポインタのせるとアフター画像です) 

ペットボトルワイン。見た目はね、味気ないけど味はいい。
そして実は、合理的。いちいちコルクで栓をしなくてもいいしね。

というわけで、 wine おかげさま。

薄く・軽く。

仕事の話。

昨年契約が決まらなかった書類をまとめました。
わかりやすいように表には

keiyaku と、書きました。(直球勝負)

今年はこの束を薄く・軽く、ぺらっぺらにしなければっ。
ぺらっぺらは言い過ぎだけど。


提出してもしても、次から次へとやってくる見積依頼と格闘中。
でもね、依頼があるのはありがたいことであります。

keiyaku2 りょーかいです。

横綱。

相撲が好き。
場所が終わるとさみしくなる。程度ですが、相撲好き。

で、横綱っていう地位について、いつも思うことがあります。

角番はないけど、
たとえ負け続けても横綱であり続けなくちゃいけない。
横綱をやめる、すなわち引退。

横綱にさえならなければ
番付が下がっても力士として土俵にあがっていられるけど
さすがに横綱が負けっぱなしで
土俵にあがり続けるわけにはいかないでしょう。
負け続ければ、引退。

こういうこと考えてると、安易に
大関よ、早く横綱になってくれー!とは思えないのです。

自分には横綱よりも大関っていう地位が合ってます。
っていう力士も、なかにはいるんじゃないかなぁ。と。

これ、たぶん、考えすぎ。余計なお世話です。

それよりなにより、私の思考が後ろ向きすぎて心配ですよね。

どうかな。
まぁ少なくとも、私は心配です!

卓上ピアノ。

一青窈の「うれしいこと。」という曲をきいてたら
ちっちゃいころ卓上ピアノで遊んでいたことを思い出しました。

前奏に卓上ピアノのような音が使われていて
その音がすごくなつかしかったのです。

電子音ではない、ちーん。って音。(表現力・ナシ)

piano こういうおもちゃのピアノ。

残念なことに、今はもう生産していないそうで
つくっていた会社も、なくなっちゃったみたいです。

うちにあった数少ない
「おんなのこのあそぶおもちゃ」のひとつだったことも思い出しました。
もしかしたら唯一、だったかもしれません。

なつかしいなぁ。


-あそんでみた-

piano2 おもちゃピアノとモモ。

piano3 おもちゃピアノとサリー。

コンシンネ。

観葉植物、育てることになりました。

konshinne ようこそ。コンシンネくん。

たしか今朝までは、玄関にあったはずなのに
帰ると私の部屋にあったのです。

寒い玄関では、育てられない。
だから、日当たりのいい私の部屋に置いといた。
というのが勝手に置いた張本人、母の言い分。

買われてきた当時、私は、
うちに買われて、残念だったね。と彼(コンシンネ)に言いました。

この発言が覆るといいのですが。

今一度、いきいきとした姿の彼が見とうございます。

誤差6分。

私の身の回りにある時計。
表示されてる時刻がバラバラすぎます。

とあるひとつを信じたら、
ドラマの冒頭6分くらい、見逃しました。

めずらしく楽しみにしてたドラマなのに。
もう。やんなっちゃう。
とか言いながら、まだ直してないけど。

余裕を持って行動したいので、
実際の時刻より5分くらい進めておこうと思います。

5分進めてあるからまだ平気。
っていうふうには、ぜひならないようにしたいものです。

ありがちですが、やりかねません。私なら。


※追記

gosadokei とあるひとつ。

おとした。

カメラを地面に落としたら、部品の一部が欠けました。

私の大切なカメラに起こった変化。
マウスポインタを画像の上にもっていったり・はなしたりしてお楽しみください。

ちなみにもっていっていないときの画像は、
下からぎゅっと押さえつけています。わりと強めに。


digicame ん、がー!

どーしても顔に見えてしまうのです。
ネジによる目の×が痛々しいけど、このまま使っていきましょう。

雨の予感。

雨が降り出すのを予知したような気がしました。

引っ越し以来手付かずだった靴のつまった箱をあけ
引っ張り出したサンダルにカビが生えていたので
洗ってベランダに干しておいたのを、ふと思い出しました。

まだいいか。と、思いながらも
乾いてるかどうか確認してみようと外に出たら
雨の降り出しに出会いました。

気がついてよかった。(予知した気分)

でもまぁ、「降り出すとき」が変わらないとしたら
こちらの行動次第で「運良く」よか「運悪く」とかになるわけで。

これが、出がけだったら雨女。
今回は運が良かったので、予知というわけです。

もうやんでるし、ちょっとしか降らなかったようなので
予知はとくに必要なかったような気もするけど。

小さな失敗。

旅に失敗はつきものだと思っています。

まぁ、私の失敗は大事には至らないもので

 バンコクではかばんのかぎが開かなくなり、
 グアムではお土産を紛失。

 ソウルではパトカーに乗り、
 パリでは財布を盗まれる。

 ロンドンでは飛行機に乗り遅れそうになり、
 エジンバラでは1日早く現地入り。

と、多くは不注意によるものなのですが
思い返すとなつかしくて
次はなんだろう。と期待さえしてしまうのです。

できれば同じではなく、小さなものを。

国内ならば。

友人から
「海外旅行へは、ひとりで行って。」と言われました。

―いとさみし。

「ひとりで」ではなく、
「ほかのひとと」と言って欲しかったような気がしてせつなくなりましたが
「国内ならいっしょに行くから。」と付け加えてもらえました。

―ヨカッタね。


そうだなー
そのうち、また(かな?)ひとりで行ってみます。海外旅行。
いろんなものを振り絞って。

危険は恐れても、失敗は恐れずに。

(あ。5日ぶりの更新ですね。ごぶさたしてしまいました。)

うまれた。

私がひそかに慕いつづけているNさんが、6日無事女児出産。

  あのNさんがママ。ママっていうより母(はは)。
  感慨深い。鼻の穴は母親似かな。耳たぶなんかそうとう立派。
  そしてなにより、この健康優良児っぷりは母親ゆずり。

こんな面持ちでうまれた彼女の顔を見ていたら、

Nsan-akachan (許可得てないので極小で。)

うらやましい。私もNさんに育てられたい。
という、変な衝動に駆られました。 

胸がきゅんとなりました。

年明けて。

正月ぼけです。
普段と変わらないよ。という指摘は否めませんが。

とりあえず、平成18年は平成17年。
1月は12月。と、書き間違えました。

そしてお昼ご飯にと、コンビニでおでんを買ったのですが
しらたきがふたつも入ってました。
ひとつしか注文したおぼえないのにね。

店員さんの間違えなのかもしれませんが
ふたつめをひとくち食べるまで気がつきませんでした。

おかげでしらたきふたつも食べました。

が、金杯(競馬)は、見事勝ちました。

ぼけてるんだか、さえてるんだか。
いえ、ぼけてるほうがさえてるのかもしれません。

よくわからないけど、
ここでの話については今後もさえないかも!
って、逃げ道つくっておきますよ。

新春のご挨拶。

新年あけまして おめでとうございます

あいにく曇りで初日の出を拝むことはできませんでした。
本当はぐっすり寝ていて、昼過ぎに起きたのですが。

まだ初詣にも行っていないので
取り急ぎ、ここから願ってみたいと思います。

―よい年になりますように。

geishun

今年もよろしくお願いいたします。

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

フォト
2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

リンク