« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

想い合い。

今日は義姉の誕生日。
なにを贈ろうか悩みました。

わざわざ自分で買わないけれど
ひとからもらえたらうれしいもの。を、贈りたいと思いつつ
結局、「美容液のたっぷりしみこんだ顔用のマスクシート」
に、しました。

中身を確認したおねーさんから
「ありがとー。そうだよね。お手入れしないとね。」
と、いわれてハッとしました。

私は選択を間違えたのかもしれない。と。

誕生日。私のほうはというと、アイピローをいただきました。
目がとても疲れているように見えたのでしょう。
輝きを失っていたのでしょうねー。

よろこんで使ってますけど
輝きは取り戻せておりません。

そういうわけで
心からよろこんでもらえたかどーかはわかりませんが
せっかくなのでおねーさんには
さらにうるおってほしいと思います。

物を贈るのって
とってもむずかしいですよね。

音の正体。

夜。建て替え工事中の家に寄ってみました。

そしたらなんと、物音が。
大工さんはすでに帰り、誰もいないはずなのにー。

って、音の正体はラジオの音だったんですけどね。
つけっぱなしで帰っちゃったみたいです。

仕事に熱中しすぎて遅くなり
あわてて帰ったからでしょう。


そういうことにしておきます。

いちねん。

当ブログ開始より1年が経過しました。
同時にこれが300番目の記事です。

上記2つの事柄を、晴れて同時に迎えるべく
更新頻度を少々高めておりました。

無料でやっていける限界まで
ここでほそぼそやっていけたらいいなぁ。と、
密かに思っています。

(使用容量から察すると、あと6年くらいはいけそうです)

今後とも
どうか、ぜひ、なんとしても
あたたかく見守ってくださいませ!

arigato


小学校教諭さま。

昨日。
小学校の先生をしているひとと、のむ機会に恵まれました。

1歳年下。私より。

先生が年下。
なんだか不思議な感覚でした。

この感覚。
なにかに似てると思ったら、高校野球だと判明。
同じ高校生だった球児たちが
いつの間にか、すごく年下になっている感覚。

「おれ、揚げパンの日に限って出張。ってことが多いんっすよ!」
などという、彼の話をきいてるうちに
私の中の内なる母性が見え隠れ。

人は皆、こうして齢を重ねてゆくのでしょうか。
成長度合いは別にして。

SHINOBI。

映画「SHINOBI」みてきました。
数時間、仕事をさぼって。

映像。美しかったです。
みたあともサイトの「秘話」にてまた楽しめる映画かと。

そして、場内の香りが体中にしみつき
いまだに、その香りを私が放っているような気がします。
キャラメルポップコーンの甘い香り。

ある意味これも、鑑賞後の余韻かな。


「チャーリーとチョコレート工場」は、また今度。
時間が合わなかったのでね。

ランデブー。

深夜。猫の鳴き声で目が覚めました。

窓の外をのぞいてみると2匹いて
マンションのゴミ置き場に
なかよく入っていく姿を、運よく目撃!

neko

↑クリックするとちょっと大きめの画像、みられます。
たまに、いつも写真が小さいよね。というご意見いただきます。
期待にこたえたつもりですが(勝手に)、お見苦しかったらごめんなさい。

きょう。

姪が(やっと!)帰りました。
疲れたー。

帰りがけ、姪が私に

きょう、またね。
って言っておりました。

うん。またね。
って見送ったものの、言葉に違和感。

きょう、って私のことです。きっと。
いままで「ちゃん」づけだったはずなのに。

これもあれですよね。
お付き合いすると親しみこめて
「さん」とか「くん」とか省くようになったりする、あれ。

そーゆーことですよね。たぶん。

mei きょうの姪。

募る想い。

募集に応じ、もらえるかも。
と、わくわくしていた世界一周航空券。

当選の連絡なし。残念ながら、選ばれなかったみたいです。

応募したことすっかり忘れていましたが
「WORLD JOURNEY」という本を読んでて思い出しました。

どこかのだれかには、めでたい連絡があったんでしょうねぇ。
いいなー。

度胸と時間とお金があったら、世界中を旅してみたい!
各国の「こんにちは」と「ありがとう」って言葉を覚えて旅したい!

想いは募るばかりです。

ロスト・イン・ラマンチャ。

この「ロスト・イン・ラマンチャ」
「ドン・キホーテ」を題材にした映画が
製作中止に至る過程を描いたドキュメンタリー作品です。

ええ、もちろん。
ジョニー・デップをお目当てにみてみました。

彼をみられる場面は決して多くないのですが
確実に「いいおとこ」です。私の中では。

そして、なにかおもしろい見解はないかな。と、探してたら
ちょっといいもの発見。

この作品をみたいと思っている方は
みたあとのほうがいいかと思われますので
以下、みたい方は反転させてみてください。

「ドン・キホーテ」は本当は企画段階でポシャってしまった。
それを、使うはずだったスタッフや俳優を実際に使って
今回のようなドキュメンタリーにしたてあげたんじゃ。と、いうんです。

それはそれで、私はおもしろいとおもうのです。


映画「チャーリーとチョコレート工場」みにいこうかな。
ジョニー・デップをお目当てに。ね。

ぬけかわり。

秋。髪が抜けやすい季節ですね。

なんだか目がごろごろするのでのぞいてみたら
しっかりとしたまつげが2本。目の中に入ってました。

もったいない。まつげ。
髪はともかく、まつげも抜けやすい季節なのでしょうか。

まつげ用のトリートメント買って帰ろうかな。

育毛に成功して
まつげのせいで視界がせまいのよー。
とか、言ってみたいのです。

今は、前髪のせいで視界が狭いので。

サングラス。

日差しがまぶしいと感じるとき、サングラスをかけます。

なかなか気に入ったものが見つからなくて
今使っているサングラスも
似合わないなぁ。似合うのもちょっとやなんだけど。
と、思いながらかけています。

っていうのを
似合わないね。って言われる前に。と、思って友人に言ったら

そう?平気。似合ってるよ。
と、言われました。

え?そう??
と、とたんにうれしくなりましたが
似合うのもやだな。って思っていたことを思い出しました。

そして、とたんに複雑な心境になりました。

私のサングラス探しの旅は、これからも続くと思われます。

頭痛に音楽。

本日アタマがイタイ。です。とっても。

電話が鳴るのも恐れるくらい。
そんなに大きな声でしゃべらないで、聞こえてるからー。
っていうくらい。

いっそのこと!と、思って
音楽ききながら仕事してました。イヤフォンして。

意外といける!と、手応え感じ
ぼちぼち仕事をこなしました。ぼちぼちね。

迎え酒。みたいなものかもしれないです。
二日酔いにはお酒。頭痛には音楽。

でもでもでも、選曲は慎重に!

煙幕バリア。

たばこって他人に対するバリアなんだ。
煙幕を張って人間関係をごまかしてる。

もうたばこはやめよう。

っていうようなことをケヴィンがいってました。
「200本のたばこ」という映画のなかで。


煙幕を張らない私が
バリアを張っていないかというと、そういうわけではなく
煙幕を張っているひとが
バリアを張っているかというと、一概にそうともいえない。

そんな気がするのですが
私がたばこを吸うひとを好むことに関しては
ケヴィンのいうことにも一理あるかな。と思うのです。

ひとが張った煙幕から居心地のよさを得ているのかも。と。

つまり私は、バリアを張りたい。
バリアを張っていると安心する。ってことなのかもしれません。

もしくは、バリアを張っているようなひとに惹かれる。
ひいては、単に
たばこを吸うその風姿に惹かれているだけなのかもしれませんが。

友人含め。

この映画
コミカルな恋愛群像劇。ってくくられてます。
「マグノリア」とか「ラブ・アクチュアリー」なんか好きな人にはおすすめかも。
と、念のため。ね。

ファンフラ。

最近、車に乗っていると
やったら目にする日の丸入りのステッカー。

hinomaru

あれ(これ↑)なんだろう。
って気になっていました。ものすごく。

ラジオ番組で採用されるともらえるステッカーだとわかりました。(詳細

互いにこのステッカーがおいてある車は
すれ違いざまに「ファンキー」と親指を立てて合図するとか。

おいてないのに合図をちょーだいしました。

なんでだろう。
後ろの車においてあったのかな。

上棟式。

秋晴れ。快晴の中。上棟式を終えてきました。

joutoushiki

棟上が無事済んだこと。
人間に例えれば
赤ちゃんがうまれたのと同じようなこと。

だそうです。
おめでたいですね。

木の香りを堪能しながら
三本締めでお開きとなりました!

幸あれ。

とあるブログの著者さまが、勝ちに行かねばならないようです。
これすなわち、ブログ終了ということです。

理由は、著者が強くなってしまったから。とのこと。
著者の自信のなさがブログの原動力であったらしく
もう自信のない著者はいないからなのだそうです。

よろこぶべきことなのかもしれません。
たのしませていただいていたひとりとして。

うん、我ながら良いブログであったな!

というしめくくりの一文より
涙がこぼれおちそうなほどせつない情感を得ましたが
同時に心が晴れるような情感を得たのもまた事実。

最後は著者さまなんだか幸せそうでした。
それを受け、私はここからあなたの勝利を願うことにします。

幸あれ。

負けたら帰ってきてくれたりして。

依頼拒否。

母校のバレー部のホームページをのぞいてみました。

当時はなかった部歌ができていて
ポチッと押すと曲が流れてきて
なんかすごいな。生徒たち、歌わされちゃってるのかな。
と、心配しています。

数年前に顧問の先生がかわったようですが
こちらもかなり部を愛している方と見受けました。

私には無理だー。
そこまでほんきで愛せない。

以前、中学校のバレー部のコーチ。頼まれたのですが
あっさりおことわりしました。

はい。校外いっしゅーう!
でもつらかったらコート一周でいいよ。

じゃ、強くならないでしょうから。
この依頼。安易に受けなくてよかったです。

きりんとそら。

kirin2 sora5

今日のきりん。 と 今日の空。

空の青と雲の赤。
自然が織り成す不自然さ。

ってところでしょーか。
うーん。不自然。は言いすぎかな。

埋没前後。

先日お話ししたピアスの件の経過を報告いたします。

埋没 mimi 前  mimi2 後

まだ貫通してませんよ。

仕事場にて居残り中。ひま、じゃないはずです。
それにしても私のみみたぶ。ほんとに「ふくよか」には程遠いですね。(こちら参照)

口笛。

夜更け。私の部屋に面した通路を・・・

お酒をのんで (きっと)
上機嫌な (おそらく)
男のひとが (たぶん)
口笛を吹いて歩いていきました。(かくじつに)

このひと、曲のサビらしき一部分しか吹いてくれなかったので
この曲しってる。けど短すぎて思い出せない。って、うずうずしてました。

その一部分を頭の中でぐるぐる回していたら、思い出しました。
オリジナル・ラブだー。って。
探したら「朝日のあたる道」っていう曲でしたよ。
鼻歌ではなく口笛だった。これも、苦戦の要因ですかね。

彼(たぶん)が吹いていたいのは
♪いつの日よりも 今の君がっ ってところ。

あー。すっきりした。

あめおんな。

どっちかっていうと私は雨女かと思われます。

雨にぬれない雨女。っぽいところがあって
うわー。降ってきたー。
と、思っても車を降りるころにはやんでいて
ツイてるね。ってことも多々あります。

さて、とかく敬遠されがちな雨男・雨女ですが
なにかっていうと晴れてしまうのもけっこう大変らしいですよ。

雨が降れば行かなくてすむ。っていうようなときも
晴れてしまうみたいですから。

あ。そういうときあるよね。って思ってしまった私はやっぱり晴女?

どちらにしろ、都合よくいかない感じです。

「水の女」という映画をみました。
雨女。という響きの印象が、ちょっとかわりました。
雨を呼ぶ女。なら、悪くない。っていうふうに。
外はリアルに雨でした。 ザーッ。

依存傾向。

昨晩、稲妻が雲間をわたるのをみました。

はやいとこドライヤーで髪を乾かし
携帯電話を充電し、デジカメの電池を充電。
バッテリーで稼働させていたパソコンも充電しなくっちゃ。
iPodも充電しないといけないんだった。
雷で停電すると、こまる。

って、思ってました。

わかっていたことではありますが
電気に頼りっぱなしですね。

工事中の新居はオール電化になるようだし。
自室にはちーさい冷蔵庫もおきたいんだった。
コンセントの数増やしてもらわないと。

依存傾向深刻化。

ゴロリとぽろり。

やるべきことはあるけれど、やるきがおきない日曜日。
やりたいことからやっています。

やりたいことの一環で。
僕秩さまのコレでよろこぶ。 キャーッ。

今日もこうして日が暮れそう。
なんてすてきな日曜日。

本日今後の予定
・期日前投票に出向き、CDを買ってくる
・友人を誘き出し、ご飯を食べにいく
・明日に迫ったカードの引き落としに備えて、お金を工面する

できるかな。

ネックレス。

恋愛中毒の姪からまたまたつうこんのいちげき。

 これ(私のネックレス)。おおきくなったらわたしにくれるの?
 けいんくんと、けっこんするときつけてもいい?

ですってよー。
もうこんなんばっかり。どんどん私から離れていきます。

 いいよ。おおきくなったらあげるよ。
 でもけいんくんからもっとおおきいダイヤ、もらえるんじゃない。

って本気で答えておきました。

 けいんくんは18さいにならないと
 けっこんできないかもしれないよ。

とも、伝えてみたものの、ひらりとかわされ
かいしんのいちげきには至りませんでした。

おとなげないなー。

ピアス。

左に1つ。右に2つ。耳にピアスをつけています。
ほぼ同型のちーさなものを全部で3つ。

pierce そのひとつ。で、ぼやけぎみ。

これらのピアス。
つけたまま寝るのが私の習慣になっているのですが
起きると耳たぶに、ピアスのあたまの部分が埋もれてしまい
見えなくなっているのも習慣です。

顔を洗ってピアスの確認。これも、朝の習慣です。

あるとほっとするけれど、ちょっとがっかりもしています。
なくなっていて、ついに貫通。
なんて日を、こころのどっかで期待してるんでしょうね。

旅の途中。だいじなピアスを寝ているあいだになくしたこと。
いまだに悔やんでいるくせにー。

ほうちょう。

私の名前が入った包丁があります。
母がつくっておいてくれたのです。

とっておいてももったいない。ということで、使用中。

私はあんまりつかってないのに。
いまではすっかり切れ味が衰えました。

知らぬ間に衰える。なんだかなぁ。


包丁、研がないとね。
私もそろそろ磨がないとっ!

はさみ。

左利き用のはさみを買いました。

どんなに切りやすいものかと
わくわくしながら試してみたのですが
これがまた、なんだかとっても切りづらい。

切れ味はいいのに
まっすぐ切れないというか。
思ったとおりにすすまない。

使い方あっているのか。
自分がほんとに左利きなのか。
はさみを持つ手を、これって左手だよねぇ。と、疑うくらい。

逆に、疑われているような気もしました。
あなたほんとに左利きですか。って。

長年にわたって左利き。
使いこなせないわけないのに。おかしいなぁ。

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

フォト
2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

リンク